化粧品に配合されているアルブチンとは

アルブチン,美白,化粧品

美白用化粧品で度々見かけることのある成分、アルブチン。
アルブチン>とは「お肌の漂白剤」とも言われるハイドロキンの配糖体です。

 

配糖体と聞いてもしっくりこないかもしれません。
一般的な多糖類は種類が違ったとしても糖類のみが結合して出来ていますが、植物の中には糖以外の物質が結合したものが存在します。

 

こうした成分を配糖体と総称していて、アルブチンはその種類の中でグリコシドに分類されるフェノール配糖体と呼ばれるものに当たります。
つまりアルブチンとは、ブドウ糖とのα結合によって人工的に転移させた「αアルブチン」と呼ばれるものになります。

アルブチンの安全性と効果

ハイドロキノンはそのまま利用すると、美白効果が優れている反面、その強い作用によって肌に強い刺激を与えるものです。
しかし、科学的な配糖化技術によって生み出されたとは言え、アルブチンは肌への親和性が高く刺激を伴わないものとなっています。

 

ウワウルシやコケモモ、ナシの葉などから抽出できる天然のハイドロキノンであるβアルブチンというものがありますが、刺激がほとんどない反面、肌への親和性もなく美白効果はあまり期待できません。

 

αアルブチンはβアルブチンの10倍以上もの美白効果があることから、化粧品にはこのαアルブチンが最も多く採用されています。


美白効果があるアルブチンについて

アルブチン (arbutin) とは、コケモモや梨、ウワウルシ、サンタベリーなどの植物に含まれている美白成分です。

 

ハイドロキノンという成分にブドウ糖が結合したハイドロキノン配糖体であり、化粧品などにたくさん配合されている成分になっています。

厚労省・医師にも認められた成分

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

 

厚生労働省が美白剤として医薬部外品に認定しているものになっています。

 

ハイドロキノンは、皮膚科などで処方されている軟膏やクリームにも配合されていて、医師もシミなどの治療に積極的に使っている成分になっています。
薬局などでもハイドロキノン配合の軟膏やクリームが売られていて、いろいろな人が使いやすい成分になっています。

美白を促すしくみ

アルブチンは、メラニン合成に関わっている酵素の一つのチロシナーゼに直接作用します。
そうすることで、メラニンの合成を阻害して美白効果が得られます。

 

メラニン色素は、シミやそばかすの原因となる成分です。
アルブチンが入っている軟膏などを使用することで、美肌に仕上げることにとても有効になります。

 

そういったことから、美白にこだわっている女性などが積極的にとりいれています。
ピーリング効果のある化粧品といっしょに使用することで、より高い美白効果が得られるため、使う化粧品の組み合わせも調べるとよいです。

アルブチンとトラネキサム酸は化粧品で使うならどっちが良い?

アルブチンとトラネキサム酸はどちらも美白効果があることで知られ、多くの美白化粧品に配合されている成分です。

 

アルブチンの働き

アルブチンは肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンにブドウ糖を結合した配糖体です。

 

肌との相性を良くして刺激性を弱めたものになります。
美白効果は厚生労働省でも認められています。

 

メラニンが活性化することで生成される酵素チロシナーゼを抑えることでシミやくすみを予防することができます。
また、一部のアルブチンは肌の中に浸透すると分解されてハイドロキノンの働きを示すため、メラニンの除去にも役立つようになっています。

 

トラネキサム酸の働き

トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持ったアミノ酸の一種です。
止血剤や抗炎症剤として使用することができるため、ニキビケアの商品に利用されている成分です。

 

しかし、加齢によってあらわれる肝斑にも有効であることが認められていて、美白成分のひとつに含まれるようになっています。
主に肝斑を除去するために使用される成分ですが、メラノサイトの活性因子であるプラスミンを阻害することでシミの予防にも役立つようになっています。

それぞれ違う働き

このように2つの成分は美白に対する働きが異なるので、一方が優れているということはありません。
むしろ2つの成分が一緒に配合されている化粧品であれば、美白への効果も高まります。
片方だけにこだわらずに商品を選んでみるのも良いでしょう。

[アルブチン化粧品の本当の効果検証]関連情報